F1ニュース日記 -最高の気分でオーストリアへ乗り込むアルファタウリ

 昨日6月24日、アルファタウリはグレード1の認証を更新したばかりのイモラ・サーキットでフィルミングデーを実施し、開幕前のテストを行なった。そこでは今年の新車AT01と2018年型のトロロッソのマシンSTR13をピエール・ガスリーとダニール・クビアトがドライブして、それぞれが感触を取り戻す作業を行なった。

Second 2020 Filming Day at Imola | SCUDERIA ALPHATAURI
After a long wait, yesterday we finally got back on track at the Imola circuit for the second Filming Day of this strange 2020 season. Find out more!

 この走行を終わった直後、ガスリーが残したコメントでは、喜びの感情を全開にしていた。

 長く待ち続けてようやくサーキットに戻ることができて本当に嬉しいよ。F1マシンをドライブできずに寂しい期間を過ごしてきただけに、STR13とAT01をドライブできたことは本当に素晴らしいことなんだ。今日はスムースな1日になって、両方のクルマで良いラップを重ねることができたよ。

 今朝目が覚めた時からすでに僕は興奮していて嬉しかったから、今夜寝るときも同じ気持ちでいられるね。それに僕の大好きなイモラでF1マシンをドライブすることができたのも特別なことなんだ。これでオーストリアに向けて準備ができたよ。

https://www.scuderiaalphatauri.com/en/filming-day-imola-2020/

 今日イモラにいることができているのは本当に素晴らしいことだよ! 僕は2010年のフォーミュラBMWと、2012年のフォーミュラルノーアルプスでテストをしたから知っているコースだったし、今日はようやくチームと合流してフィルミングデーができたから良かったよ。

 イモラは高速コーナーがたくさんあるからドライブするのが本当に楽しいし、F1カレンダーに復活する価値のあるサーキットだと思うよ。長い休暇を過ごした後にようやくクルマに乗ることができて特別な1日だったし、それを楽しむことができたよ。

https://www.scuderiaalphatauri.com/en/filming-day-imola-2020/

 このようにクビアトもガスリー同様にコメントで嬉しさを滲ませていた。走行の最後にはチームが見守る目の前でドーナツターンをして、難しい状況の中で準備を進めてきたスタッフに感謝を表し、自身の喜びも同時に表現した。

 各チームが最終調整を行なって、新しい形式を試す中で、アルファタウリは唯一ドライバーが嬉しさを爆発させて、素晴らしい1日と表現していたことが印象的だ。

 他のチームは参加しない非公式のテストでこれだけの表現をするのは、マシンに戻れた喜びだけでなく、今年に対する期待そのものが表れていると感じられる。その期待通りになるかは来週の開幕戦でいよいよ明らかになるが、アルファタウリは絶好調の気分でオーストリアに乗り込むのは間違いなさそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました