F1ニュース日記 -万全の体制で挑むレーシングポイントの2020シーズン

 苦難を乗り越えてきたレーシング・ポイントがついに現体制になってから初めて、万全と言える体制で2020年シーズンに挑む。今日はセルジオ・ペレスとランス・ストロールが新シーズンを控えた胸中を語ったニュースを紹介する。

Perez predicts "big year" for Racing Point F1 team
Sergio Perez believes his Racing Point team has more room to grow than any other outfit in Formula 1, having been hindered by its 2018 crisis this past season

 両ドライバーともに、今年のレーシング・ポイントは一味違うことをアピールしている。というのも2018年にフォース・インディアとして戦ってきたチームが、財政難によってシーズン途中からレーシング・ポイントとして再出発を急遽命じられたために、昨年は十分な準備期間も無いままシーズンインした。

 その結果、シーズン前テストでは何とかクルマを出すことには間に合ったものの、トラブルが相次ぎ、テスト全体としての走行距離はトップのフェラーリよりも40%少ない3000km弱しか走行できなかった。その影響は最後まで続きコンストラクターでは7位に踏みとどまった。

 しかし今年はその苦境を乗り越えて他のチームと同様に、昨年の段階から今年のマシン開発を進めていることから、チームとしては万全の体制でシーズンを迎えることになる。加えてペレスが語っているように今年は昨年からのレギュレーションの変化点が小さく、成長の伸び幅も小さくなるはずだ。そこを逆にチャンスと見て、レーシング・ポイントとして初めて取り組むフルシーズンで、大きな成長を遂げることができれば今後のシーズンにも大きな意味をもたらすことになるはずだ。

 さらに今年はペレスが10年目のシーズンを迎え、ストロールも4年目のシーズンとドライバーとしても成熟してきている段階だ。彼らがF1での経験値が高くなってきたからこそ、レーシング・ポイントもクルマの開発に専念できるはずで、この2人が開発において正しい方向に導いてくれることをチームは期待しているだろう。昨年はテストの走行距離も稼げずに苦戦したが、今年はテストからどれだけのマイレージを稼ぎ、シーズン序盤からポイントを稼ぐことができるのかに注目しながら、彼らの成長ぶりを楽しみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました