F1ニュース日記 -ショーン・ブラッチズF1から離脱か?

 今日紹介するニュースはこちら。

F1 commercial boss Bratches set to depart role
Autosport understands Liberty Media has finalised arrangements for the departure of Formula 1 commercial boss Sean Bratches, who is expected to step down as ear...

 F1のオーナーがバーニー・エクレストンからリバティメディアに移ってから4年が経過した。リバティメディアによる運営となってから、すべてを取り仕切るチェイス・キャリー、競技側を取りまとめるロス・ブラウン、そしてプロモーション分野のまとめ役であるショーン・ブラッチズの3人で2017年以降のF1を作り上げてきた。

 この一角であったショーン・ブラッチズが今回F1から離脱しようとしているというのだ。彼の役割としては、グランプリ開催地でのイベントやプロモーション活動だけに留まらず、TVやネット放送の運営にも携わってきた。

 しかし、家庭の事情からF1の現場から離れることを相談していると、キャリーは明かした。まだ離脱することは確定しているわけではないが、ブラッチズの離脱については検討が進められているようだ。

 ブラッチズがプロモーションを担うようになってからのF1を振り返ってみると、バーニーの時代よりも明らかに新規のファンを獲得するために、これまでに無かったイベントが多く開催されるようになった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました