F1 ニュース日記 -山本尚貴の今後と日本人F1ドライバー誕生の可能性

 このような状況であっても、山本雅史マネージング・ディレクターは「若手の模範となる」としてこのような活動を歓迎しているかのような発言をしている。山本尚貴自身、最良の判断ができるように熟慮を重ねている段階なのだろうが、傍から見ると「グズグズしているとシートを逃してしまうのではないか」という懸念も出てくるだろう。

 しかし実際このAutosportの記事にも触れられているように、スーパーライセンスの発給条件は満たしていないものの、F2やF3に出場した松下信治や角田裕毅も山本と同じようにF1のシートを目指している。この2人が山本の姿を見た今、強い刺激を受けていることは間違いないだろう。つまり山本がF1を目指す姿勢を見せ続けていることで、他のF1を目指す日本人ドライバーに対しても大きな原動力になっていると考えられる。

 来年、各ドライバーがどのような動きを見せるのかは分からないが、山本のように国内レースに参戦しながらF1の現場にも出向き、自分の夢に対して強い姿勢を見せることが、将来のドライバーのモチベーションに繋がることは、今年の山本の行動が証明してくれたはずだ。この好循環のままに来年も将来に希望が持てる動きが出ることに期待したいところだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました